スキンケア

正常な人よりも多く汗をかいてしまう症状

正常な人よりも多く汗をかいてしまう症状

(公開: 2019年5月15日 (水)

多汗症ってどんなもの?多汗症と聞くと、汗を沢山かく疾患ということを思い浮かべると思います。
この症状は、わずかな温熱の刺激や精神的な刺激によって起こるもので、正常な人よりも多く汗をかいてしまう症状なのです。
これは全身性と局所性の2つに分けられます。
個々の体質上の事からも発汗を見ることが多いので、どこからが病的なのかと言うのを判断しにくいところがあります。
全身性の病的な汗をかくものとしてバセドウ病や糖尿病、妊娠や女性に多い更年期障害と言ったものがありますので、このような疾患が無いかと言うことも検査で調べたりもします。
局所性の多汗症には、精神的な発汗の異常が多く見られ額や手掌、足底や脇の下といった限局して発生しやすいのです。
汗の量が多い場合は見た目だけでも判断できるくらいの汗となります。
女性ですと脇の下に汗をかいて洋服が汗染みになってしまったり、また男女ともにあまり汗が多いと汗の臭いが周りの人を不快にさせていないか気になってしまいます。
多汗症の治療は主に皮膚科によるもので外用薬や内服薬といった治療もありますし酷い時には外科的治療も行ったりします。

手のひらの汗の緊張した時の対策